プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

ダニエル・ラドクリフ主演 難攻不落の刑務所脱獄を描いた実話スリラー

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

ESCAPE FROM PRETORIA 2020年 イギリス/オーストラリア 106分

配給:

アット エンタテインメント

ジャンル:

サスペンス/ドラマ

公開日:2020-09-18

2020年9月18日(金)シネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲 ほか全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

南アフリカ人のティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)は、白人でありながら反アパルトヘイト組織「アフリカ民族会議(ANC)」の隠密作戦を行い、同胞のスティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)と共に最高警備を誇るプレトリア刑務所に投獄される。ティム、スティーブンらは、自由と平等を手にするためにすぐに脱獄を決意する。彼らは様々な脱獄方法を模索し、最後に選んだ手段は、無謀とも言える木片を集めた鍵だった。看守の目を盗みながら、鍵を作っては解錠を繰り返し、徐々に出口までの鍵が完成していく一方、看守たちの監視の目は厳しさを増していく。そして、投獄から18ヶ月後の1979年、彼らは“鉄製”の扉を“木
鍵”で突破を試みるー。

アパルトヘイト政策下の南アフリカで育ったティム・ジェンキンの自伝「脱獄」(同時代社刊)を基に製作された実話。テロリストとして、最高警備を誇るプレトリア刑務所に投獄された男が、無謀とも言える鍵の製作、綿密な観察、そして10の“鉄製”のドアを突破するための“木製”の鍵を駆使して自由への道を歩み出す姿を描く。主人公で実在する政治脱獄犯ティム・ジェンキン役には「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ。共演には、Netflixドラマ「ザ・ダート モトリー・クルー自伝」のダニエル・ウェバー、「ハリー・ポッターと賢者の石」のイアン・ハート、ドラマ「ミス・フィッシャーの殺人ミステリー」のネイサン・ペイジらが脇を固める。監督は、新鋭フランシス・アナン。

監督:フランシス・アナン、出演:ダニエル・ラドクリフ,イアン・ハート,ダニエル・ウェバー

予告編・特報