エタニティ 永遠の花たちへ

オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョ共演で描く人生讃歌

エタニティ 永遠の花たちへ

エタニティ 永遠の花たちへ

ÉTERNITÉ 2016年 フランス/ベルギー 115分

配給:

キノフィルムズ/木下グループ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://Eternity-Movie.JP

公開日:2017-09-30

2017年9月30日シネスイッチ銀座他にて全国順次ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ヴァランティーヌがジュールと結婚した理由は、19世紀末フランスの上流階級においては少し変わっていた。親が決めた婚約を自分で破棄したのだが、それでも諦めないジュールに初めて心を動かされたのだ。夫婦の愛は日に日に深まっていったが、病や戦争で子供たちを失ってしまう。そんなヴァランティーヌに再び喜びをくれたのは、無事に成長した息子のアンリと幼なじみのマチルドの結婚だった。マチルドの従姉妹のガブリエルと夫も頻繁に訪れるようになり、大家族のような賑やかで幸せな日々が続く。だが、運命は忘れた頃に意外な形で動き始める──。

『青いパパイヤの香り』『夏至』『ノルウェイの森』のトラン・アン・ユン監督が、フランスの3大女優を主演に迎えて描いたドラマ。フランスを舞台に、運命に生きる3世代の女性たちを通して、世代を超えて命が受け継がれていく様を描き、“生”の素晴らしさを描く。ヴァランティーヌには、『アメリ』『ココ・アヴァン・シャネル』のオドレイ・トトゥ。マチルドには、『イングロリアス・バスターズ』『オーケストラ!』のメラニー・ロラン。ガブリエルには、『アーティスト』のベレニス・ベジョ。そのほか、ヴァランティーヌの息子で、マチルドの夫のアンリを、『サンローラン』のジェレミー・レニエが演じる。

監督:トラン・アン・ユン、出演:オドレイ・トトゥ,メラニー・ロラン,ベレニス・ベジョ

予告編・特報