みんなで一緒に暮らしたら

平均年齢75歳の友人同士、初めての共同生活をユーモアたっぷりに描いた感動作

みんなで一緒に暮らしたら

みんなで一緒に暮らしたら

ET SI ON VIVAIT TOUS ENSEMBLE? 2011年 フランス/ドイツ 96分

配給:

セテラ・インターナショナル/スターサンズ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2012-11-03

2012年11月3日(土)よりシネスイッチ銀座にて公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

パリ郊外。昔から誕生日を一緒に祝ってきた5人の友人たち。アルベール(P.リシャール)とジャンヌ(J.フォンダ)夫婦、ジャン(G.ブドス)とアニー(G.チャップリン)夫婦。そして、一人暮らしのクロード(C.リッシュ)。病が進行していることを知ったジャンヌは、人生の最後をどう過ごすか考え始めていた。夫のアルベールが記憶を失いつつあることも心配の種。一方、アニーは孫が遊びに来ないことを嘆き、ジャンは高齢を理由にNPO活動を断られる始末。ある日、デート中に発作で倒れたクロードが、息子に老人ホームへ入れられるという事件が発生。自分たちの幸せと自由を守るため、5人は世話係の青年ディルク(D.ブリュール)を雇い、みんなで一緒に暮らすという斬新なアイデアを思いつく──。

誰もがいつか向き合う≪人生のエンディングをどう迎えるか?≫をテーマに、40年来の友人同士がはじめて共同生活を送る姿を、ユーモアたっぷりに描いた感動作。40年ぶりにフランス映画への出演となったジェーン・フォンダをはじめ、ジェラルディン・チャップリン、ダニエル・ブリュールら個性派名優たちが顔を揃える。メガホンをとるのは、フランス映画界期待の俊英ステファン・ロブラン。自らの実体験をベースに描いた脚本で、賑やかな日常のエピソードの中に細かな伏線をさりげなく忍ばせ、笑いと不安感でじわじわと物語に引き込む。

監督:ステファン・ロブラン 、出演:ジェーン・フォンダ,ジェラルディン・チャップリン,ダニエル・ブリュール