誰もがそれを知っている

ハビエル・バルデム&ペネロペ・クルス共演、家族の秘密をめぐる極上サスペンス

誰もがそれを知っている

誰もがそれを知っている

EVERYBODY KNOWS 2018年 スペイン/フランス/イタリア 133分

配給:

ロングライド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-06-01

2019年6月1日(土) Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

アルゼンチンに暮らすラウラ(P.クルス)が、妹の結婚式のため故郷スペインに帰省しワイン業を営む幼なじみのパコ(J.バルデム)や家族との再会を果たす。しかしその喜びもつかの間、結婚式の後に催されたパーティーのさなか、ラウラの娘イレーネが失踪。まもなく何者かから巨額の身代金を要求するメッセージが届き、ラウラは絶望のどん底に突き落とされる。パコは時間稼ぎに奔走し、ラウラの夫(R.ダリン)もアルゼンチンから駆けつけるが、疑心暗鬼に陥った家族の内に長年隠されていた秘密が露わになっていく…。

『別離』『セールスマン』で2度のアカデミー外国語映画賞に輝くイランの名匠アスガー・ファルハディ監督が、15年前にスペインで目にした一枚の行方不明者の写真に着想を得て、初のオールスペインロケで挑んだ野心作。結婚式で起きた少女誘拐事件をきっかけに、隠していたはずの真実をめぐり家族の秘密と嘘がほころび始めるさまを描いた極上サスペンス。監督の長年のラブコールに応えスペインを代表する女優ペネロペ・クルスが主人公ラウラを演じ、ラウラの幼なじみのパコ役には、クルスの夫ハビエル・バルデム。ラウラの夫を『瞳の奥の秘密』のリカルド・ダリンが演じる。

監督:アスガー・ファルハディ、出演:ハビエル・バルデム,ペネロペ・クルス,リカルド・ダリン

予告編・特報