誰のせいでもない

ヴィム・ヴェンダース7年ぶりの劇映画、豪華キャスト競演のサスペンス・ドラマ

誰のせいでもない

誰のせいでもない

EVERY THING WILL BE FINE 2015年 ドイツ/カナダ/フランス/スウェーデン/ノルウェー 118分

配給:

トランスフォーマー

ジャンル:

サスペンス/ドラマ

公開日:2016-11-12

2016年11月12日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

カナダ、ケベック州モントリオール郊外。作家のトーマスは恋人サラと暮らしているが、仕事がうまくいかずその関係はぎこちない。ある大雪の日、車を走らせていたトーマスは、目の前に飛び出してきた何かに驚き急ブレーキをかける。そこには車の前で虚ろに座り込んでいる幼い少年がいた。幸い怪我もなくほっとしたトーマスが彼を家まで送ると、母ケイトは息子の姿を見て半狂乱になる……。トーマス、恋人のサラ、編集者のアン、そして少年の母ケイト。誰のせいでもない一つの事故が、一人の男と三人の女の人生を変えてしまう。

『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』の巨匠ヴィム・ヴェンダースの7年振りとなる劇映画。真っ白な雪に包まれたカナダ、ケベック州モントリオール郊外を舞台に、誰のせいでもない一つの事故が、一人の男と三人の女の人生を変えてしまうサスペンスフルなヒューマンドラマ。主人公の作家にジェームズ・フランコ。彼がひき起こした事故に息子が巻き込まれる母親にシャルロット・ゲンズブール。フランコ演じる作家に別れを告げられる恋人にはレイチェル・マクアダムス。フランコに惹かれていく編集者をマリ=ジョゼ・クローズが演じる。

監督:ヴィム・ヴェンダース、出演:ジェームズ・フランコ,シャルロット・ゲンズブール,レイチェル・マクアダムス