Father

“父と子”を軸に30代・40代・50代の3監督が描いたオムニバス映画

Father

Father

2013年 日本

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-11-02

2013年11月2日(土)~11月15日(金)シネマート新宿にて公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ある日結婚が決まった娘(桜木)が戸籍を取りに行ったらそこには【養女】との記載が…。今まで何も知らずに育った娘と実の娘と思って育てていた養父(松田)。娘の介護先には事情があって実の娘に会えない男(針原)がいた…(1話「ヴァージンロード」)。結婚報告のため実家に婚約者を伴い帰る息子(尾関)。母(黒田)は女手ひとつで愛情深く育ててくれたが、息子は5歳の時に家族を残して亡くなった父の事を未だに恨んでいる。そんなとき、父(水野)が幽霊となり現れて…(2話「俺の屍を越えてゆけ」)。製陶所を家族で営み、細々と寡黙に家族の為に頑張り3人の子供を育て上げた父(花ヶ前)。その父の目が突然見えなくなってしまった!母は家族全員を呼び今後の事を話し合おうとする。それぞれの自分の生活を抱えた家族は一体どうするのだろうか?(3話「手を伸ばせば」)。

30代の市原直、40代の杉山嘉一、50代の月野木隆ら3世代の監督がそれぞれ書き下ろした、父と子、そして家族のドラマを、コメディ、シリアス等のジャンルにこだわらず自由な発想で作品化したオムニバス映画。

監督:市原直,杉山嘉一,月野木隆、出演:桜木梨奈,尾関伸嗣,青柳尊哉