わたしは、幸福(フェリシテ)

コンゴ・キンシャサを舞台に、アフリカの愛とリアルを描き出したドラマ

わたしは、幸福(フェリシテ)

わたしは、幸福(フェリシテ)

FÉLICITÉ 2017年 セネガル/フランス/ベルギー/ドイツ/レバノン 129分

配給:

ムヴィオラ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2017-12-16

2017年12月16日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町他にて全国順次ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

コンゴ民主共和国の首都キンシャサ。この街は優しいだけじゃ生きていけない。バーで歌いながら、女手ひとつで息子を育てている歌手フェリシテ。その名前はフランス語で“幸福”の意味。人生は彼女に優しくないけれど、歌うときだけ彼女は輝く。そんな彼女に気があるのは、バーの常連のタブーだ。ある日、フェリシテが目を覚ますと直したばかりの冷蔵庫が壊れていた。同じ日、一人息子サモが交通事故で重傷を負う。連絡を受け病院に急ぐが、医者は彼女に告げる。「前払いでないと手術はできない」。手術代を集めるため、フェリシテは、親族や別れた夫、以前お金を貸した男女、最後には見ず知らずの金持ちのボスを訪ねるのだった。誇り高く、自分を折ることができない彼女の中で何かが壊れていく。絶望から歌さえ歌えなくなるフェリシテ。夜の森を彷徨うフェリシテが見つける幸福とは…。

コンゴの首都キンシャサを舞台に、フェリシテ(幸福)という名前を持ち、バーで歌いながら、ひとり息子を育てている女性主人公を通して、見たことのないアフリカの愛とリアルを描き出し、本年度べルリン国際映画祭銀熊賞審査員大賞や全アフリカ映画祭(FESPACO)最高賞を受賞したドラマ。主演は、べルリン国際映画祭で主演女優賞候補となったヴェロ・ツァンダ・ベヤ。

監督:アラン・ゴミス、出演:ヴェロ・ツァンダ・ベヤ,パピ・ムパカ,ガエタン・クラウディア

予告編・特報