フィフティ・シェイズ・フリード

原作累計1億冊突破のラブストーリー「フィフティ・シェイズ」シリーズ最終章

フィフティ・シェイズ・フリード

フィフティ・シェイズ・フリード

FIFTY SHADES FREED 2017年 アメリカ

配給:

東宝東和

ジャンル:

ドラマ/ラブロマンス

公式サイト:

http://fiftyshadesmovie.jp

公開日:2018-10-05

2018年10月5日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

アナとクリスチャンは、数々の困難を乗り越えながらも、ようやく待望の新婚生活を迎え、幸せな日々を過ごしていた。しかし、過去のある出来事がきっかけで、命を脅かされるような事件に巻き込まれることになる。その事件には、過去にアナが勤めていた出版社で彼女の上司であったジャック・ハイドが関わっていたのだ。当時、アナを誘惑しようとしていたジャックに激怒したクリスチャンは、その出版社を買収、ジャックを首にしていた。ジャックにとっては、その逆恨みもさることながら、クリスチャンが自らの幼少時の宿命的なライバルであり、自分とは対照的に社会的成功も愛する人も手に入れていることに強烈な嫉妬を募らせていたのだった。仕事も失くし落ちぶれたジャックは、クリスチャンとアナの幸せを邪魔しようとあの手この手で二人に襲い掛かってくる…。それに立ち向かう二人が下す、「最後」の決断とは…?

巨大企業の若き起業家にして超絶イケメンのCEOグレイと、彼に会うまで恋さえも知らなかった純粋なアナの、特異な恋愛模様を過激な描写で描き、全世界での累計発行部数1億冊以上を記録したELジェイムズ原作による「フィフティ・シェイズ」シリーズの映画化。『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』『フィフティ・シェイズ・ダーカー』に続く最終章。主人公のアナとクリスチャンを、ダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナンが演じるほか、マーシャ・ゲイ・ハーデン、リタ・オラ、ルーク・グライムス、ジェニファー・イーリー、カラム・キース・レニー、エリック・ジョンソン、エロイーズ・マンフォード、ヴィクター・ラサック、マックス・マーティーニが続投。監督は前作『フィフティ・シェイズ・ダーカー』に続きジェームズ・フォーリー。

監督:ジェームズ・フォーリ-、出演:ダコタ・ジョンソン,ジェイミー・ドーナン,リタ・オラ

予告編・特報