フローレンスは眠る

誘拐事件を発端に同族企業で繰り広げられる愛憎劇を描いたクライムサスペンス

フローレンスは眠る

フローレンスは眠る

2016年 日本 121分

監督:

小林兄弟

配給:

JungleWalk

ジャンル:

サスペンス

公開日:2016-03-05

2016年3月5日(土) より全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

同族経営である中堅化学工業会社の次期社長・佐藤英樹が誘拐された。英樹の命と交換に、犯人が要求したのは、幻のダイヤモンド「フローレンスの涙」。ところが、父親であり現社長の佐藤善一郎も、叔父であり副社長の佐藤勇次郎も犯人の要求に応じようせず、善一郎は息子である英樹を見捨てるという。誘拐犯の社長秘書・牧羽剛はその決断に驚愕する。剛は25年前自分の母親が「フローレンスの涙」のために会社の犠牲となって自殺に追い込まれた事件を知り、その復讐の機会を狙っていたのだ。剛と手を組んだ英樹の元恋人で秘書課に勤める氷坂恵は、剛の暴走を止めようとするが、剛の脅迫に善一郎が病に倒れてしまう。一方、勇次郎は、この状況を利用し自分の息子を使い、会社の乗っ取りを画策し始めるのだった。人命を捨ててまで守ろうとするフローレンスに隠された秘密とは何なのか?

初監督作品『369のメトシエラ』がスマッシュヒットを記録した小林兄弟監督が、同族経営の老舗企業に襲いかかった誘拐事件を発端に繰り広げられる愛憎劇を描いたクライムサスペンス。主演は、500人のオーディションで選ばれた藤本涼、ヒロインの役員秘書を演じるのは、『リアル鬼ごっこ』『極道大戦争』の桜井ユキ。同族会社の社長・佐藤善一郎を山本學、副社長・佐藤勇次郎を前田吟といった日本のベテラン名優が演じ、3代目新社長を宮川一朗太、副社長の長男を池内万作、 次男を東幹久など安定した演技で定評のある俳優陣が脇を固める。

監督:小林兄弟、出演:藤本涼,桜井ユキ,前田吟