マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン

イギリスの風刺画家ラルフ・ステッドマンのキャリアを追ったドキュメンタリー

マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン

マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン

FOR NO GOOD REASON 2012年 アメリカ 89分

配給:

ザジフィルムズ

ジャンル:

ドキュメンタリー

公開日:2014-03-08

2014年3月8日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

60年代後半から現在に至るまで、社会を強烈に皮肉った、過激で攻撃的な画風で知られているイギリスの風刺画家ラルフ・ステッドマンのドキュメンタリー。ビートジェネレーションを代表する作家ウィリアム・バロウズとの交流や、ラルフの熱心な収集家として知られるテリー・ギリアム監督やビル・マーレイの協力の元に得られた貴重な映像を交えながら彼の創作活動の源を探りつつ、後に生涯の友となる型破りなジャーナリスト、映画『ラスベガスをやっつけろ』の原作者としても知られるハンター・S・トンプソンと共にどのようにして「ニュージャナリズム」という新しいジャーナリズムのあり方を構築していったかに迫る。ナレーションを務めるのは、ラルフの長年のファンで、『ラスベガスをやっつけろ』に主演したのが縁で、親しい間柄となった俳優ジョニー・デップ。

監督:チャーリー・ポール、出演:ラルフ・ステッドマン,ジョニー・デップ,ウィリアム・バロウズ