FOUJITA

小栗康平監督が、二つの文化と時代を生きた画家の半生を圧倒的な映像美で描く

FOUJITA

FOUJITA

FOUJITA 2015年 日本/フランス 126分

監督:

小栗康平

配給:

KADOKAWA

ジャンル:

ドラマ

公開日:2015-11-14

2015年11月14日(土)角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1913年、27歳で単身フランスへ渡り、1920年代前半に発表した「ジュイ布のある裸婦」(寝室の裸婦キキ)をはじめとして、“乳白色の肌”と称された裸婦像が絶賛を浴び、エコール・ド・パリの寵児となり、社交界の人気者となったフジタ。1940年、第二次大世界大戦でパリがドイツ軍の手に落ちる寸前に日本に帰国を果たし、戦時の日本では「アッツ島玉砕」をはじめとして数多くの“戦争協力画”を描いて日本美術界の重鎮に上りつめていく。5番目の妻である君代と疎開先の村で敗戦を迎えることになるが―

『死の棘』で第43回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ&国際批評家連盟賞をダブル受賞、『泥の河』『伽倻子のために』『眠る男』など海外でも評価の高い小栗康平監督が、1920年代よりフランスを中心に活躍した日本人画家・藤田嗣治の半生を描いたドラマ。主人公のフジタには、オダギリジョー。妻の君代役に中谷美紀。ほかに加瀬亮、岸部一徳。フランスからも人気の俳優が顔をそろえている。プロデューサーには『アメリ』で世界的ヒットを飛ばしたクローディー・オサールを迎えた日仏合作。

監督:小栗康平、出演:オダギリジョー,中谷美紀,アナ・ジラルド