フォックスキャッチャー

1996年デュポン財閥御曹司によるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化

フォックスキャッチャー

フォックスキャッチャー

FOX CATCHER 2014年 アメリカ 135分

配給:

ロングライド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2015-02-14

2015年2月14日(土) 新宿ピカデリー他全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

レスリングオリンピック金メダリストでありながら苦しい生計をしいられてるマークは、ある日デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンからソウル・オリンピック金メダル獲得を目指したレスリングチーム“フォックスキャッチャー“の結成プロジェクトに誘われる。自身のトレーニングに専念でき彼が崇拝する兄デイヴの影から抜け出すことを願うマークにとってそれは夢のような話だった。名声、孤独、隠された欠乏感を埋め合うよう惹き付け合うマークとデュポンだったが、デュポンの移り気な性格と不健全なライフスタイルが徐々に2人の風向きを変えていき、同じく金メダリストであるマークの兄デイヴがチームに加わることで、三者は誰もが予測できなかった結末へと駆り立てられていくことになる。 

1996年に全米を震撼させたデュポン財閥御曹司によるレスリング五輪金メダリスト射殺事件を映画化。孤独、葛藤、富と名声、心の暗部でつながれた大富豪とレスリング金メダリストの病的ともいえる心理を鮮烈に描いていく。『40歳の童貞男』『リトル・ミス・サンシャイン』のスティーヴ・カレルが犯人でデュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンを演じる。事件に巻き込まれていく五輪メダリスト兄弟の兄をマーク・ラファロ、弟をチャニング・テイタムが演じている。監督は、『カポーティ』『マネーボール』のベネット・ミラー。

監督:ベネット・ミラー、出演:スティーヴ・カレル,チャニング・テイタム,マーク・ラファロ