運命は踊る

ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ(銀獅子賞)を受賞した新感覚ミステリー

運命は踊る

運命は踊る

FOXTROT 2017年 イスラエル/ドイツ/フランス/スイス 113分

配給:

ビターズ・エンド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-09-29

2018年9月29日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

イスラエル・テルアビブのアパート。ミハエルとダフナ夫妻のもとに、軍の役人が、息子ヨナタンの戦死を知らせるためにやって来る。ショックのあまり気を失うダフナ。ミハエルは平静を装うも、役人の対応にいらだちをおぼえる。そんな中、戦死の報が誤りだったと分かる。安堵するダフナとは対照的に、ミハエルは怒りをぶちまけ、息子を呼び戻すよう要求する。ラクダが通る検問所。ヨナタンは戦場でありながらどこか間延びした時間を過ごしている。ある日、若者たちが乗った車がやって来る。いつもの簡単な取り調べのはずが…。遠く離れたふたつの場所で、父、母、息子――3人の運命は交錯し、すれ違っていく。

デビュー作『レバノン』で第66回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞に輝いた、イスラエルの鬼才サミュエル・マオズの8年ぶり長編第2作目で、再びヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリを受賞したドラマ。マオズ監督の実体験を基に、夫婦のもとに届いた「息子の戦死」という残酷な誤報から浮かび上がる運命の皮肉や不条理さを緻密に描きだす。

監督:サミュエル・マオズ、出演:リオール・アシュケナージー,サラ・アドラー,ヨナタン・シライ

予告編・特報