不能犯

「グランドジャンプ」にて連載の同名人気マンガを松坂桃李主演で映画化

不能犯

不能犯

2018年 日本

監督:

白石晃士

配給:

ショウゲート

ジャンル:

サスペンス

公式サイト:

http://funohan.jp/

公開日:2018-02-01

2018年2月1日(木)全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂)。彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故――。宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。多田(沢尻)と部下の百々瀬(新田)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

〈呪い〉や〈洗脳〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実証が不可能な行為。そのため、たとえ相手が死んでも罪には問われない「不能犯」。本作は、突如、現代の日本に出現した〈不能犯〉のプロフェッショナルの驚異の手口と壮大な目的を描いた、新感覚サスペンス・エンタテインメント。原作は、集英社「グランドジャンプ」にて連載の同名人気マンガ。主人公の宇相吹正役には松坂桃李。宇相吹がコントロールできない唯一の存在、女刑事・多田友子役に沢尻エリカ。ほかに新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍ら超豪華キャストが脇を固める。

監督:白石晃士、出演:松坂桃李,沢尻エリカ,新田真剣佑

予告編・特報