普通は走り出す

映画製作に苦しみながら、現実と虚構の世界を行き来する映画監督を描いたドラマ

普通は走り出す

普通は走り出す

2018年 日本 107分

監督:

渡辺紘文

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-10-25

2019年10月25日(金)より、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

栃木県大田原市在住の映画監督、渡辺は「直井さん」なる人物と、ロックバンド「トリプルファイヤー」の楽曲を基にした映画を企画中。しかし、企画は一向に進まず、渡辺は図書館や映画館を徘徊しつつ、友人に映画界の愚痴をこぼし続ける無為な日々を送っている。次第に映画製作へのフラストレーションを募らせていく渡辺。やがて彼は現実とも、虚構ともつかない世界に足を踏み入れて行く…。

『そして泥船はゆく』『七日』『プールサイドマン』『地球はお祭り騒ぎ』が4作連続で東京国際映画祭へ正式出品され、『プールサイドマン』でドイツのニッポンコネクションでニッポン・ヴィジョンズ審査員賞を受賞、さらには『叫び声』が東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に入選が決定した渡辺紘文監督が、ロックバンド・トリプルファイヤーの楽曲にインスパイアを受け、映画監督とミュージシャンのコラボ映画祭「MOOSIC LAB 2018」のために制作した作品。渡辺監督自身が演じる映画監督が映画製作に苦しみ、毒を吐き続けながら、やがて現実とも虚構ともつかない世界に足を踏み入れていく様を描く。

監督:渡辺紘文、出演:渡辺紘文,萩原みのり,古賀哉子

予告編・特報