ギャングース

高杉真宙×加藤諒×渡辺大知 トリプル主演による青春エンターテインメント

ギャングース

ギャングース

2018年

監督:

入江悠

配給:

キノフィルムズ/木下グループ

ジャンル:

ドラマ/青春

公式サイト:

http://gangoose-movie.jp

公開日:2018-11-23

2018年11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

親も、金も、学もないサイケ・カズキ・タケオ3人の少年。彼らが生き抜く為につかんだ仕事は、裏稼業や悪徳業種の収益金を狙う「タタキ」稼業。ある日、偶然にも振り込め詐欺のアガリ(収益金)の隠し場所を知った3人。それは最強の犯罪営利組織カンパニーとして台頭する半グレ「六龍天」のものだった。身元がバレないよう慎重にタタキを繰り返すも、あることから3人の身元がバレ、絶体絶命の状況に追い込まれてしまうが・・。

犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描き、モーニング誌で2013年から2017年まで連載された肥谷圭介(漫画)×鈴木大介(ストーリー)共同制作による青春漫画を実写映画化。“タタキ”専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケを演じるのは『散歩する侵略者』『虹色デイズ』の高杉真宙。工具全般担当のカズキを人生初のモヒカン頭となって演じるのは加藤諒。車両・機動担当のタケオを渡辺大知。サイケたちの前に立ちはだかる強敵、半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達にMIYAVI。安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤を金子ノブアキ、加藤の部下で恋人のアゲハを篠田麻里子、情報屋の高田を林遣都が演じる。監督・脚本は『SR サイタマノラッパー』『22年目の告白―私が殺人犯です―』の入江悠。

監督:入江悠、出演:高杉真宙,加藤諒,渡辺大知

予告編・特報