ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

19世紀フランス後期印象派ゴーギャンの知られざる創作の秘密と愛の悲劇

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

GAUGUIN VOYAGE DE TAHITI 2017年 フランス 102分

配給:

プレシディオ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://gauguin-film.com/

公開日:2018-01-27

2018年1月27日(土)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

フランス、パリで株式仲買人としての仕事を始めたゴーギャンは、趣味で絵を描くようになった。だが1882年、パリの株式市場が大暴落し、それまでの裕福な生活は一変する。それを契機に絵画を本業とすることを考えるようになったゴーギャンだが、生活は困窮。最愛の妻と子供たちと別れてしまう。その後、わずかな資金を手にタヒチを訪れた彼は、その土地に魅了されてしまう。やがて現地の美しい娘であり、のちにゴーギャンのタヒチでの絵のモデルとなったテフラという娘と結婚するが、すぐに彼の資金は底をつき、彼女との楽園のような生活も貧窮を極めることに。やがてテフラの感情も、彼のもとを離れていってしまうのだった…

19世紀を代表する画家ポール・ゴーギャン生誕170周年作品。1891年に念願のフランス領ポリネシアのタヒチ島へと出帆し、その後の人生に深い刻印を残し、作品スタイルをも決定づけたポール・ゴーギャンの異国情緒たっぷりなタヒチ滞在クロニクル。妻子を捨てるようにして島に渡った彼が、現地で出会い妻にした娘テフラをモデルに代表的な傑作を生み出していく“熱帯のアトリエ”での、エキゾチックな愛と苦悩の日々が明かされる。主人公・ゴーギャンを演じるのは、『ブラック・スワン』『美女と野獣』のヴァンサン・カッセル。ゴーギャンに似せて顔中を髭で覆い、近代文明を捨てた野蛮さを身に纏い、その向こうに何かを見つけようとして寿命をすり減らす芸術家の狂気を体現する。監督は、短編映画や広告業界でキャリアを積み、本作が長編2作目となるエドゥアルド・デルック。

監督:エドゥアルド・デルック、出演:ヴァンサン・カッセル,マリック・ジディ,ツイー・アダムス

予告編・特報