ゴーストマスター

三浦貴大&成海璃子共演 映画の撮影現場を舞台に描くホラーコメディ

ゴーストマスター

ゴーストマスター

2019年 日本

配給:

S・D・P

ジャンル:

コメディ/ホラー

公式サイト:

http://ghostmaster.jp/

公開日:2019-12-06

2019年12月6日(金)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

流行っているから低予算で作れば儲かる、という安易な発想と低い志で製作されることになった、とある “壁ドン”映画の撮影現場。ところが主演俳優が“壁ドン”について悩みはじめ、撮影がストップしてしまう。殴る蹴るのパワハラも日常茶飯事、24時間稼働当たり前の過酷な現場で、事態の収拾を押しつけられたのは、こき使われるペーペーの助監督・黒沢明。名前だけは“巨匠”で“一流”だが、断れない性格が災いして要領の悪い、B級ホラーを愛するただの気弱な映画オタクだ。唯一の心の支えとしていた、いつか監督になる夢も無残に打ち砕かれ、黒沢のうっ積した不満は、遂には悪霊を呼び寄せ、監督デビューのために書き温めていた渾身の脚本「ゴーストマスター」に憑依してしまう。撮影現場を阿鼻叫喚の地獄へと変えていく「ゴーストマスター」を、黒沢と撮影隊は止めることができるのか!?

イギリスのレインダンス国際映画祭にて「今注目すべき7人の日本人インデペンデント監督」の1人に選ばれたヤングポール監督の商業映画デビュー作。第2回TSUTAYA CREATORS' PROGRAM準グランプリ受賞作品。低予算のキラキラ青春映画の撮影現場を舞台に、「映画」に人生を狂わされた人物たちが巻き起こす群像劇を、ホラー、コメディ、SF、ラブ、ヒューマンドラマとジャンルの枠に収まらない作品として描き出す。監督やプロデューサー、スタッフから怒号や罵声を浴びせられながらも懸命に撮影現場を右往左往する主人公・黒沢明役に三浦貴大。黒沢が憧れる女優・渡良瀬真奈に成海璃子。ほかに板垣瑞生、永尾まりや、原嶋元久、麿赤兒、寺中寿之、川瀬陽太、手塚とおる、森下能幸、篠原信一、柴本幸らが脇を固める。

監督:ヤング ポール、出演:三浦貴大,成海璃子,板垣瑞生

予告編・特報