銀色の雨

浅田次郎の傑作短編を鈴井貴之監督で映画化。懐かしさと優しさにあふれる感動作

銀色の雨 [DVD]

銀色の雨

2009年 日本 113分

監督:

鈴井貴之

原作:

浅田次郎(「銀色の雨」(文春文庫『月のしずく』所収))

主題歌・挿入歌:

徳永英明(「透徹の空」(ユニバーサルシグマ))

配給:

エスピーオー+マジックアワー

ジャンル:

ドラマ

公開日:2009-11-28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

父を知らずに育った高校生の和也(賀来)はある日、些細なことがきっかけで家出し、弟のようにかわいがってくれた菊枝(前田)と偶然再会、彼女のマンションに転がり込む。そこへ、病気の母のために18年ぶりに帰郷した元日本チャンピオンのプロボクサー、章次(中村)も加わって、3人の奇妙な共同生活が始まる。菊枝をめぐる三角関係では勝ち目のない和也は、最初はむくれたものの、次第に亡き父と同じボクサーである章次を慕うようになる。しかし、和也の父と章次との思わぬ関係が明らかになり…

「鉄道員(ぽっぽや)」をはじめ数々の名作で知られる浅田次郎の同名短編を映画化。北海道発の全国的ヒットTV番組「水曜どうでしょう」(HTB)でカリスマ的な人気を誇る鈴井貴之監督が、今回初めて北海道を飛び出し、鳥取県と米子市、島根県の全面協力のもと、日本人の“心の故郷”を見事に描きあげる。和也役で映画初主演を果たしたのは、『ごくせん THE MOVIE』でも注目を集めた期待の若手、賀来賢人。プロボクサーの章次には中村獅童。菊枝には、『バトル・ロワイアル』の前田亜季。

監督:鈴井貴之、出演:賀来賢人,前田亜季,中村獅童