いけいけ!バカオンナ 我が道を行け

文音主演 3人のアラサー女子のリアルを描いたコメディ作品

いけいけ!バカオンナ 我が道を行け

いけいけ!バカオンナ 我が道を行け

2020年 日本

監督:

永田琴

配給:

アークエンタテインメント

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://gogo-bakawoman.jp/

公開日:2020-07-31

2020年7月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

アラサー女子・杉山ユウコ(文音)は、外では自由奔放なイケイケな女を気取っているが、私生活では地味で質素な生活を送る“超”のつく見栄っ張りな性格。ある日、ハーフで美人の澤野セツコ(石田ニコル)と出会い、お互いの存在に火花を飛ばす!アラサーでいまだロストヴァージンを迎えていないユウコは、友人の中川絵美(真魚)と一緒に彼氏獲得に励む日々。そんな折、アカウントフォロワー1万越えのセツコの真の姿を見てしまったユウコは、急に彼女に親近感を持ち始め、自分と“同じ人種”のセツコとの間に友情が芽生え出す。やっと彼氏らしき男と巡り合ったユウコだったが、友達に自慢するには程遠い男。仕事と恋愛を頑張る日々の中、理想と現実のギャップに思わずため息…。そんな矢先、美人のセツコが突如結婚すると言い出した!紹介された彼氏は?!訳もなく、セツコの結婚にダメだしのユウコ。果たして「女の友情」ははかないものなのか…それとも…。

「白鳥麗子でございます!」(講談社)などで知られる 鈴木由美子の同名漫画を映画化。原作のバブル時代を現代に設定を変え、恋愛・仕事・友情と山積みの問題を抱える現代アラサー女子たちのリアルを描いたストーリー。主人公・ユウコ役に文音。ユウコの友人・セツコを演じるのは石田ニコル。同じく友人のエミを『カメラを止めるな!』の真魚が演じる。メガホンをとったのは、「渋谷区円山町」「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」の永田琴。

監督:永田琴、出演:文音,石田ニコル,真魚

予告編・特報