グッド・ヴァイブレーションズ

自らのレコード・レーベルで数々のロック・バンドを世に送り出した男の物語

グッド・ヴァイブレーションズ

グッド・ヴァイブレーションズ

GOOD VIBRATIONS 2012年 イギリス/アイルランド 103分

配給:

SPACE SHOWER FILMS

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-08-03

2019年8月3日(土)より新宿シネマカリテにて上映

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1970年代、紛争の真っ只中にある北アイルランドでDJを続けていたテリーは、ベルファストにレコード店<GOODVIBRATIONS>を開店させる。ある日、若者達がパンクロックに夢中になっていることを知り、興味本位でライヴハウスに顔を出してみると、理不尽な警察官に若者がパンクロックで団結し、抵抗している姿を目撃する。その光景にかつて感じた事の無い興奮と感動を覚えたテリーは、自らのレコード・レーベルを立ち上げ、彼らのレコードをリリースすることを決意する。誰も見向きをしなかった北アイルランドのパンクバンドのレコードを出したレーベル<GOOD VIBRATIONS>の名前は一気に広まった。そんな時に解散を覚悟で彼の元を訪ねてきたアンダートーンズ<THE UNDERTONES>という新人バンドの録音で、最高の楽曲が誕生する。興奮したテリーはプロモーションの為にロンドンを訪れるが大手のレコード会社には門前払いに近い扱いをされる、そんな時、唯一音源を受け取ってくれたのが、BBCラジオの有名なDJ、ジョン・ピールだった…。

紛争の続く1970年代の北アイルランドで、レコード店を開店し自らのレコード・レーベル<グッド・ヴァイブレーションズ>を立ち上げ、数々のロック・バンドを世に送り出した“ベルファスト・パンクのゴッドファーザー”と呼ばれるテリー・フーリーの半生を描いた物語。

監督:リサ・バロス・ディーサ,グレン・レイバーン、出演:リチャード・ドーマー,ジョディ・ウィッテカー,マイケル・コーガン

予告編・特報