華麗なるギャツビー

フィッツジェラルドの代表作をディカプリオ主演×バズ・ラーマン監督で映画化

華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビー

THE GREAT GATSBY 2012年 アメリカ

配給:

ワーナー・ブラザース映画

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-06-14

2013年6月14日(金)丸の内ピカデリー他、全国ロードショー 2D/3D同時公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

宮殿のような豪邸に暮らす、謎めいた男がいる。彼の名は、ジェイ・ギャツビー(L.ディカプリオ)。どこから来たのか? どうやって大富豪になったのか? 仕事は何をしているのか? いったい何のために、毎夜のように豪華絢爛なパーティーを開くのか? 誰一人その答えを知らない。「真実を話そう」と、ギャツビーは隣人のニック(T.マグワイア)に、自らの生い立ちを打ち明ける。裕福な名家に生まれ、ヨーロッパで宝石や名画に囲まれた贅沢な暮らしを送った。戦争では数々の勲章を受けて英雄となり、両親が亡くなった今は天涯孤独の身…。出来すぎた話に、「彼は何かを隠している」と直感するニック。やがて、耳を疑う噂と危険な人脈、そして上流社会の女性との禁じられた恋が、少しずつギャツビーの華麗な仮面をはがしていく…。

『ロミオ+ジュリエット』のバズ・ラーマン監督&主演レオナルド・ディカプリオがタッグを組み、≪20世紀最高の小説≫にもランキングされるF・スコット・フィッツジェラルドの原作を映画化。1920年代のアメリカ東海岸を舞台に、謎めいた大富豪ジェイ・ギャツビーのロマンチックかつ悲劇的な生き様を彼の、友人ニックの視点で描いていく。レオナルド・ディカプリオが『タイタニック』以来15年ぶりに純愛に生きる男を熱演するほか、ギャツビーの唯一の理解者ニックにトビー・マグワイア、ギャツビーのかつての恋人、ディジーにキャリー・マリガン。ジョエル・エドガートンが、デイジーの夫トム・ブキャナンを演じる。

監督:バズ・ラーマン、出演:レオナルド・ディカプリオ,トビー・マグワイヤ,ジョエル・エドガートン