機動戦士ガンダムNT

『機動戦士ガンダムUC』の一年後を舞台に描いた、宇宙世紀サーガ

機動戦士ガンダムNT

機動戦士ガンダムNT

ナラティブ 2018年 日本

監督:

吉沢俊一

配給:

松竹

ジャンル:

アニメ

公式サイト:

http://gundam-nt.net/

公開日:2018-11-30

2018年11月30日劇場公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

U.C.0097――。『ラプラスの箱』が、『ラプラス事変』と呼ばれた争乱の結果として世に示されて一年が経過した。だが、ニュータイプの存在とその権利に言及した『箱』=『宇宙世紀憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みに大きな変化はなかった。一方、『ラプラス事変』において、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』は一時的に瓦解し、活動は停滞。また、争乱における主役となった“ユニコーンガンダム”と呼ばれる2機のモビルスーツは、人智の及ばぬ能力を発揮したことで危険視され、秘密裏に封印されていた。しかし、2年前に消息不明となり、歴史から抹消されていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せる。“フェネクス”と称されるその機体を巡り、再び動き出す人々。フェネクス争奪戦には、地球連邦軍や『袖付き』だけでなく、アナハイム・エレクトロニクス社とも関連の深い大企業、ルオ商会も介入する。新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」を投入した彼らの真の目的とは……。

1979年にTV放送された富野由悠季監督の「機動戦士ガンダム」を原点に、広がり続けてきたガンダムシリーズ。「機動戦士ガンダム」から続く世界観「宇宙世紀」に紐づく物語で、『機動戦士ガンダムUC』の一年後を舞台に描いた、宇宙世紀サーガ『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』。宇宙世紀0097年。世界的な商業ネットワークを構築する華僑の商業集団、ルオ商会が調整し、実戦投入した新たなモビルスーツ「ナラティブガンダム」。果たして彼らの真の目的とは何なのか?

監督:吉沢俊一、出演:榎木淳弥,村中知,松浦愛弓

予告編・特報