グスコーブドリの伝記

宮沢賢治原作を映画化。東北の森を舞台に、厳しい自然と向き合う青年の姿を描く

グスコーブドリの伝記

グスコーブドリの伝記

2012年 日本

声の出演:

小栗旬忽那汐里

配給:

ワーナー・ブラザース映画

ジャンル:

アニメ

公開日:2012-07-07

2012年7月7日(土) 丸の内ピカデリー他 全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

イーハトーヴ森の木樵りの息子として両親と妹と穏やかに暮らしていたグスコーブドリは、森を襲った冷害のため家族を失い、一人ぼっちになってしまう。それでも精一杯働き、やがて成長し火山局に勤めるようになったブドリだが、そこに再び大きな冷害が襲ってくる。あの悲劇を繰り返さないためには、火山を人工的に噴火させ、その熱で防ぐしか術はなく、そのためには誰かが犠牲となって火山局に残らなければならない。ブドリはただ1人、火山局に向かう。みんなのために、自分ができることを行いに──。

東北岩手が生んだ偉人宮沢賢治の原作を、『銀河鉄道の夜』の杉井ギサブロー監督とますむらひろし(キャラクター原案)のコンビが映画化。1920年代、冷害にみまわれた東北の森を舞台に、厳しい自然と向き合う青年の姿を描いた感動作。青年ブドリの声優に小栗旬、ブドリの最愛の妹ネリに忽那汐里があたる。

監督:杉井ギサブロー、出演:小栗旬,忽那汐里