母さんがどんなに僕を嫌いでも

太賀×吉田羊共演、愛に恵まれず成長した青年と、息子を拒絶し続けた母の物語

母さんがどんなに僕を嫌いでも

母さんがどんなに僕を嫌いでも

2018年 日本

監督:

御法川修

配給:

REGENTS

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://hahaboku-movie.jp

公開日:2018-11-16

2018年11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母、光子(吉田)に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられた。耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母と向き合う覚悟をする。大人になっても自分を拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために立ち向かっていく。

人気ブロガーで漫画家、小説家としても活躍する歌川たいじが、実体験をもとに書き綴った原作コミックエッセイを映画化。親からも友達からも愛されたことがない青年が、壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母の愛をつかみ取るまでの物語。愛に恵まれず屈折した母に挑む息子のタイジを太賀が演じ、タイジを心身ともに傷つけてしまう母・光子役に吉田羊。タイジを支える友人役を森崎ウィン。ほかに白石隼也、秋月三佳、木野花らが脇を固めている。監督は『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」の御法川修。

監督:御法川修、出演:太賀,吉田羊,森崎ウィン

予告編・特報