母と暮せば

山田洋次監督作。1948年長崎を舞台に、母と息子の心の交流を描いたファンタジー

母と暮せば 豪華版 初回限定生産 [Blu-ray]

母と暮せば

2015年 日本 130分

監督:

山田洋次

配給:

松竹

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://hahatokuraseba.jp/

公開日:2015-12-12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

山田洋次監督第83作目。1948年長崎を舞台に、助産婦として暮らす母のもとへ、3年前に原爆で亡くなったはずの息子が現れ、楽しかった思い出話や残していった恋人の話をして過ごす二人の日々を描いたファンタジー。作家・井上ひさしが広島を舞台に描いた『父と暮せば』と対になる作品を、長崎を舞台につくりたいと発言していたことを知った山田監督が、井上氏の想いに捧げ映画化。母親・伸子役に吉永小百合、息子の浩二役に二宮和也、浩二の恋人・町子役には黒木華という理想的なキャスティングが実現した。

監督:山田洋次、出演:吉永小百合,二宮和也,黒木華