はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜

大和和紀による大正浪漫少女漫画の金字塔が、劇場アニメーション化(前編)

はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜

はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜

2017年 日本

監督:

古橋一浩

配給:

ワーナー・ブラザース映画

ジャンル:

アニメ

公式サイト:

http://haikarasan.net

公開日:2017-11-11

前編 2017年11月11日(土)公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

時は大正。女学校に通う17歳の花村紅緒は、いつも明るくケンカっ早いところのあるじゃじゃ馬娘。親友の環とともに楽しい学園生活を送り、恋も結婚相手も自分で選びたいと思っている。そんなはいから娘が出会ったのは、笑い上戸なイケメン、伊集院忍少尉。実は彼が祖父母の時代から決められていた許婚であることを知った紅緒は、それに反発。愛のない結婚を阻止しようと奮闘して騒動を巻き起こすが、少しずつ少尉に心惹かれていく。

1975年~1977年まで「週刊少女フレンド」(講談社)で連載され、シリーズ累計売上部数1200万部を超える「はいからさんが通る」。これまでテレビアニメ、実写映画などさまざまなメディアで展開されてきた本作が、新たなスタッフ・キャスト陣により二部作で劇場アニメーション化。前編のメガホンをとるのは『機動戦士ガンダム U.C.』の古橋一浩、後編は『リストランテ・パラディーゾ』の加瀬充子が監督をつとめ、キャラクターデザインは『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の西位輝実。そしてヒロイン、紅緒役の早見沙織、許婚の伊集院忍役の宮野真守をはじめ、引く手あまたの実力派声優陣が集結。TVアニメでは描かれなかった原作のラストパートまでを描き切る。

監督:古橋一浩、出演:早見沙織,宮野真守,櫻井孝宏

予告編・特報