はじまりのみち

木下惠介監督・生誕100年記念 戦時中の実話をもとに母子の情愛を描いた物語

はじまりのみち

はじまりのみち

2012年 日本

監督:

原恵一

配給:

松竹

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-06-01

2013年6月1日(土)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

時は戦中。映画界に政府から戦意高揚の国策映画づくりが要求された時代。木下惠介が昭和19年に監督した『陸軍』は、その役割を果たしていないとして当局から睨まれ、次の映画の製作を中止にさせられてしまう。すっかり嫌気がさした木下は松竹に辞表を提出、脳溢血で倒れた母、たまが療養している浜松市の気賀に向かう。失意の中、たまに「これからは木下惠介から本名の木下正吉に戻る」と告げる惠介。戦局はいよいよ悪化の一途をたどり、気賀も安心の場所ではなくなる。惠介は、山間の気田に疎開することを決め、一台のリヤカーに寝たままの母を、もう一台には身の回り品を乗せ、兄と、頼んだ「便利屋さん」と自分の三人で、夜中の十二時に気賀を出発し山越えをする…。

『二十四の瞳』『喜びも悲しみも幾年月』『楢山節考』など数々のヒット作を生み出した映画監督・木下惠介の、生誕100年を記念して製作されたドラマ。若き木下惠介役には加瀬亮、母・たまを田中裕子、惠介の兄・敏三にユースケ・サンタマリア、木下家の疎開の旅に同行する便利屋を濱田岳が演じる。メガホンをとったのは、『河童のクゥと夏休み』『カラフル』といったアニメーション作品で高い評価を受け、同監督を敬愛する原恵一監督。木下監督の戦時中の実話をもとに、母を想う子、子を想う母の真実の愛の物語を紡ぎだす。

監督:原恵一、出演:加瀬亮,田中裕子,ユースケ・サンタマリア