花と蛇 ZERO

団鬼六の官能小説を原作にした人気シリーズ。異色の“3人のヒロイン”で登場

花と蛇 ZERO [DVD]

花と蛇 ZERO

2014年 日本 111分

監督:

橋本一

配給:

東映ビデオ

公開日:2014-05-17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

監禁された女の調教シーンがライブ配信される違法動画サイト「バビロン」。警視庁の雨宮美咲(天乃)は、その首謀者を追いかけていた。一方、「バビロン」に監禁されてしまった遠山静子(濱田)は、自身の陵辱シーンを配信されてしまう。そんな静子の姿を見て自慰に耽り、覚醒していく主婦の瑠璃(桜木)――。謎のサイトを中心に、やがて3人の女たちは調教の罠に堕ちながらも、性の悦びに目覚めていく。

団鬼六の官能小説を原作に、これまで幾度も映像化されてきた人気シリーズ「花と蛇」。ヒロイン・静子を中心に描かれてきた物語を、今作では大胆にも“女優3人主演”という設定に一新。オーディションのうえ選ばれた天乃舞衣子、濱田のり子、桜木梨奈が、性に翻弄される女刑事、性によって十字架を背負う囚われの人妻、性に目覚めていく平凡な主婦という三者三様の“性”を体当たりで挑む。共演には、人気芸人・木村祐一。監督は『相棒シリーズ XDAY』『探偵はBARにいる』シリーズなどで知られる橋本一。脚本は、壇蜜主演作『私の奴隷になりなさい』で一大ブームを巻き起こした港岳彦。

監督:橋本一、出演:天乃舞衣子,濱田のり子,桜木梨奈