春を背負って

『劔岳 点の記』の木村大作監督第2作目。立山連峰を舞台に描かれる家族の物語

春を背負って

春を背負って

2014年 日本

監督:

木村大作

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.haruseotte.jp/

公開日:2014-06-14

2014年6月14日(土)全国東宝系ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

立山連峰で山小屋 菫小屋 を営む厳格な父(小林)に育てられた長嶺亨(松山)。社会人になった亨はそんな父から遠ざかるように金融の世界で、会社の歯車として毎日を過ごしていた。そんなある日、父の訃報が突然届く。帰郷した亨の前には気丈 に振る舞う母(檀)、その姿を沈痛な想いで見守る山の仲間たち、そして見慣れぬ一人の女性・高澤愛(蒼井)の姿が。彼女は心に深い傷を負い、山中で遭難しかけたところを亨の父に助けられた過去があった。父が遺した菫小屋と、父の想いに触れた亨は、都会での生活を捨 て小屋を継ぐことを決意する。山での生活に悪戦苦闘する亨の前に、父の友人と名乗るゴロさん(豊川)が現れる。世界を放浪してきたゴロさんの自然に対する姿勢や愛の天真爛漫な笑顔に接しながら、亨は新しい自分の人生に向き合い始める。

『八甲田山』『復活の日』『誘拐』『鉄道員(ぽっぽや)』など日本映画史に残る珠玉の名作で手腕を振るってきたカメラマンで、2009年には初監督作品『劔岳 点の記』が大ヒットを記録した木村大作の監督第2作。笹本稜平の同名小説をもとに、父と子、そして家族の物語を描く。出演者には、松山ケンイチ、蒼井優、小林薫、檀ふみ、豊川悦司ほか実力派かつ個性的な俳優陣が集結する。

監督:木村大作、出演:松山ケンイチ,蒼井優,檀ふみ