ゴースト・ブライド

死者を甦らせる恐ろしい儀式を描いたロシア発のホラー映画

ゴースト・ブライド

ゴースト・ブライド

HEBECTA 2016年 ロシア 95分

配給:

インターフィルム

ジャンル:

ホラー

公開日:2017-11-25

2017年11月25日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

恋人のヴァンヤ(ヴィヤチェスラブ・チェブチェンコ)と婚約した女子大生のナスチャ(ヴィクトリア・アガラコヴァ)は幸せに満ち溢れていた。2人は結婚式を挙げる為にヴァンヤの実家へと向った。不思議な空気に包まれ謎めいたヴァンヤの家。この家に着いてから次々と幻想に襲われるナスチャ。彼女は死者を甦らせる惨劇の儀式の幻想を見る。それは、幻想ではなく、ヴァンヤの曽祖母であるオルガを現世に甦らせる為の儀式の生贄として捧げられたナスチャ自身だった。彼女は花嫁<生贄>として、この家に迎えられたのだ。

19世紀から伝えられた死者を甦らせる恐ろしい儀式を描いたロシア発のホラー映画。監督は、『ミラーズ 呪怨鏡』のスヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキー。異様な儀式をさせられそうになる花嫁役に抜擢されたのは、長編映画初主演となるロシアの若手女優・ヴィクトリア・アガラコヴァ。古典的なサスペンスの構造と、帝政ロシアの伝承に基づく独自のテーマが組み合わさった本作は、2017年に開催された第4回 ブライトナイツ・ホロラント映画祭で最優秀撮影賞を受賞した。

監督:スヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキー、出演:ヴィクトリア・アガラコヴァ,ヴィアチェスラブ・チェブチェンコ,アレクサンドラ・レベノク

予告編・特報