ハイ・ライフ

ロバート・パティンソン主演 宇宙船内で繰り広げられるSFスリラー

ハイ・ライフ

ハイ・ライフ

HIGH-LIFE 2018年 ドイツ/フランス/イギリス/ポーランド/アメリカ 113分

配給:

トランスフォーマー

ジャンル:

SF/スリラー

公開日:2019-04-19

2019年4月19日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

太陽系をはるかに超え宇宙を突き進む一隻の宇宙船「7」。その船内で、モンテ(R.パティンソン)は生まれたばかりの娘ウィローと暮らしている。宇宙船の乗組員は、9人全員が死刑や終身刑の重犯罪人たち。モンテたちは刑の免除と引き換えに、美しき科学者・ディブス医師(J.ビノシュ)が指揮する“人間の性”にまつわる秘密の実験に参加したのだった。だが、地球を離れて3年以上、究極の密室で終わり無き旅路を続ける彼らの精神は、もはや限界に達しようとしていた。そんな中、ミッションの最終目的地「ブラックホール」がすぐ目の前に迫っていた―。

『ショコラ』『パリ18区、夜。』『ガーゴイル』などで知られるフランスの女性監督クレール・ドゥニが、初めて挑むSF作品にして初めての英語劇による長編映画。近未来を舞台に、宇宙船内という“密室”で繰り広げられる、嫉妬、怒り、欲望と様々な人間模様がサスペンスフルに描かれるSFスリラー。ミステリアスな主人公モンテ役に『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン。謎の科学者・ディブス医師を演じたのは、フランスを代表する国際女優ジュリエット・ビノシュ。ほかに『サスペリア』のミア・ゴスが重要な役どころを演じている。

監督:クレール・ドゥニ、出演:ロバート・パティンソン,ジュリエット・ビノシュ,ミア・ゴス

予告編・特報