ひかりをあててしぼる

2006年に実際にあった事件をモチーフに描く、悲しくも衝撃的な夫婦の愛の姿

ひかりをあててしぼる

ひかりをあててしぼる

2015年 日本 83分

監督:

坂牧良太

配給:

アルゴ・ピクチャーズ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.hikariwo.tokyo

公開日:2016-12-03

2016年12月3日渋谷ユーロスペースにてロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

サラリーマンの谷中浩平(忍成)はある日、友人の巧(永山)と合コンに参加し、木下智美(派谷)に一目惚れする。浩平と智美は急接近し、やがて結婚することになる。当初は幸せな夫婦生活だったが、虚栄心の強い智美は浩平を振り回すようになり、やがて二人の間に溝ができていく。自由を奪われたくないので、できた子供も堕胎を選ぶ智美。人に羨ましいと言われる生活をするため高級マンションに住み、その為に借金をする。必死に理想の夫を目指す浩平だが、ついに溜まっていた不満が爆発し、智美に暴力を振るうようになる。体中痣だらけになるほど暴力を受けつづける智美。しかし、智美もまた浩平に依存していき、逃げ出す事なく暴力を甘んじて受けつづける。そのことを密かに知った巧は、智美を助けようとするが、逆に二人の間でボロボロになっていく。そして彼らが迎えた結末は…。

2006年に渋谷で実際にあった事件をモチーフに、本作の監督でもある坂牧良太が2011年に上演し人気を博した舞台作品を劇場映画化。主人公・谷中浩平役を演じるのは『リリィ・シュシュのすべて』『ヘヴンズ ストーリー』の忍成修吾。妻・智美役に、『非バランス』『渇き』の派谷恵美。浩平の親友・巧役を永山たかしが演じる。アメリカの批評サイトTabloid Witch Awardsではホラーとして評価をうけ、最優秀ホラー賞と最優秀女優賞を受賞した。

監督:坂牧良太、出演:忍成修吾,派谷恵美,永山たかし