ひかりのたび

“故郷”を裏切り続ける男と、“郷里”に焦がれる娘の想いを描いたドラマ

ひかりのたび

ひかりのたび

2017年 日本 91分

配給:

太秦

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://hikarinotabi.com

公開日:2017-09-16

2017年9月16日(土)より新宿K's cinemaほか全国順次公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

四年前に町にやってきた植田は不動産業を生業としている。彼にはある噂が囁かれている。それは訳ありの土地に値段をつけて外国人に売っているというものだ。最近は町内の外国人雇用問題にも関わっているという話だ。植田には妻と離婚後、男手一つで育てた高校三年生の娘・奈々がいる。幼い頃から父の都合で転校が続いた奈々にとってこの町は、最も長く住み、慣れ親しんだ場所である。父のせいで嫌がらせをされることもあるが、高校卒業後は町で働きたいという希望があった。ある日、奈々と植田は卒業後の進路のことで意見がぶつかる。植田は娘には地元から離れて東京や海外に行ってほしかった。「金の心配はするな」と告げるが、町で暮らし続けたいという奈々の気持ちは変わることはなかった。植田はブローカーとして自分が荒らした土地に残る娘のために、三年前のある夜の事故について打ち明けることにした―

とある地方都市を舞台に、冷酷非情なやり方で成り上がった不動産ブローカーの男と、男の裏の顔に気付きながらも共に暮らす娘の交差する思いを描いたドラマ。主演は、ティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルを務めた若手女優・志田彩良。監督は、2007年に絵本「幼なじみのバッキー」で岡本太郎現代芸術賞に入選、映画制作だけにとらわれず活躍する澤田サンダー。伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2015では、史上初の二度目のグランプリに輝いた。父親役に高川裕也。ほかに瑛蓮、萩原利久、山田真歩、浜田晃が脇を固める。

監督:澤田サンダー、出演:志田彩良,高川裕也,瑛蓮

予告編・特報