轢き逃げ 最高の最悪な日

水谷豊 脚本・監督、とある轢き逃げ事件をめぐる7人の心の軌跡

轢き逃げ 最高の最悪な日

轢き逃げ 最高の最悪な日

2019年 日本

監督:

水谷豊

配給:

東映

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-05-10

2019年5月10日(金)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ある地方都市で起きた交通事故。一人の女性が命を落とし、轢き逃げ事件へと変わる。車を運転していた青年・宗方秀一、助手席に乗っていた親友・森田輝。二人は秀一の結婚式の打合せに急いでいた。婚約者は大手ゼネコン副社長の娘・白河早苗。悲しみにくれる被害者の両親、時山光央と千鶴子。その事件を担当するベテラン刑事・柳公三郎と新米刑事・前田俊。平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれ、それぞれの人生が複雑に絡み合い、抱える心情が浮き彫りになっていく。彼らの心の奥底に何があったのか?何が生まれたのか?その悲劇の先に、彼らは何を見つけられるのか?

とある地方都市で起こった“轢き逃げ”事件を発端に、加害者、被害者、それぞれの家族、その事件を追う刑事ら7人それぞれの心の軌跡を描いたドラマ。脚本・監督、そして出演もこなすのは『TAP -THE LASTSHOW-』映画監督デビューを果たした水谷豊。本作では、初脚本ながら完全オリジナルストーリーに挑む。幸せ絶頂でありながら轢き逃げ時間を起こしてしまう秀一役に中山麻聖。秀一の親友で、事件の際、助手席にいて共犯となってしまう輝役に石田法嗣。秀一の妻・早苗役には小林涼子。事件を追う若手刑事・前田役に毎熊克哉。被害者の父・時山は水谷自身が演じ、その妻・千鶴子役を檀ふみ。事件を追うベテラン刑事・柳役を岸部一徳が演じる。

監督:水谷豊、出演:中山麻聖,石田法嗣,小林涼子

予告編・特報