とある飛空士への追憶

犬村小六の長編小説を映画化。極限状態に芽生えた恋、自由と成長の物語

とある飛空士への追憶

とある飛空士への追憶

2011年 日本

監督:

宍戸淳

配給:

東京テアトル

ジャンル:

アニメ

公開日:2011-10-01

2011年10月1日(土)テアトル新宿 ほか 全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

二国間戦争のさなか、名もなき飛空士・狩乃シャルルは類まれな操縦技術をみこまれ、次期皇妃ファナ・デル・モラルをその婚約者カルロ皇子のもとに水上偵察機で送り届ける極秘任務を命じられた。護衛を付けず一機で敵中を突破する危険な任務だ。それでもファナを守り抜き、12,000kmを飛ぶべき理由がシャルルにはあった。次々と襲ってくる敵空中艦隊と戦闘機を超絶なテクニックでしりぞけるシャルル。命をかけた空の旅で、ファナの閉ざされた心は開かれ、次第に二人はひかれあってゆく。やがて迫る絶体絶命の危機の中、ファナのとった行動とは...。そして二人の恋の行方は…?

2008年に発売され、大空で展開する空戦の迫力と身分差の恋の切なさが、口コミを中心に多くの人々に広がりベストセラーとなった犬村小六の長編小説を映画化。アニメーション制作は、『時をかける少女』『サマーウォーズ』のマッドハウス。監督には人気TVアニメシリーズ「彩雲国物語」を手掛けた新鋭、宍戸淳。脚本に『サマーウォーズ』『八日目の蝉』の奥寺佐渡子。キャラクターデザインに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの松原秀典など、注目のクリエーターが集結し、2人が織り成す究極のラブストーリーを演出する。

監督:宍戸淳、出演:神木隆之介,竹富聖花,小野大輔