ヒッチコック

映画監督ヒッチコックと、彼を支えた妻の知られざる物語を描く感動作

ヒッチコック

ヒッチコック

HITCHCOCK 2012年 アメリカ

配給:

20世紀フォックス映画

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-04-05

2013年4月5日(金)より TOHOシネマズ シャンテ 他全国ロードショー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする


1959年、ヒッチコックは新作『サイコ』の製作に挑んでいた。後にサスペンス映画の金字塔と称えられ、現代に至るまで多くのクリエイターに影響を与え続けているヒッチコック最大のヒット作だ。だが、当時は映画史上かつてない斬新さゆえに、ヒッチコックは資金難など数々の試練にぶつかり、さらに最大の味方のはずの妻との関係まで揺らぎ始める。監督として、そして夫として、ヒッチコックは岐路に立たされていた――。

“サスペンスの神”とうたわれ、映画界の巨匠でありながらも一度もオスカー像を手にすることなく、“アカデミー賞に嫌われた男”と言われるアルフレッド・ヒッチコック。本作は、『サイコ』の撮影現場を舞台に、ヒッチコックと仕事のパートナーでもあった妻アルマ・レヴィルの苦難と愛の葛藤を描いたドラマ。原作は、スティーブン・レベロによる「アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ」(白夜書房刊)。ヒッチコック夫妻を、ともにオスカー受賞者で本作が初共演となるアンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンが演じるほか、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン、ジェシカ・ビールなど、オール・スター・キャストが脇を固める。

監督:サーシャ・ガヴァシ、出演:アンソニー・ホプキンス,ヘレン・ミレン,スカーレット・ヨハンソン