ひとくず

育児放棄された少女とその母親、彼女らを守ろうとする男を描いたドラマ

ひとくず

ひとくず

2019年 日本

監督:

上西雄大

配給:

渋谷プロダクション

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

https://hitokuzu.com/

公開日:2020-03-14

2020年3月14日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

生まれてからずっと虐待される日々が続く少女・鞠。食べる物もなく、電気もガスも止められている家に置き去りにされた鞠のもとへ、犯罪を重ねる破綻者の男・金田が空巣に入る。幼い頃に虐待を受けていた金田は、鞠の姿に、自分を重ね、社会からは外れた方法で彼女を救おう
と動き出す。そして、鞠の母である凜の恋人から鞠が虐待を受けていることを知る。虐待されつつも母親を愛する鞠。鞠が虐待されていると確信した担任教諭は、児童相談所職員を連れてやって来るが、鞠は母の元を離れようとせず、保護する事ができずにいた。金田は鞠を救うため虐待をする凜の恋人を殺してしまう。凜を力ずくで、母親にさせようとする金田。しかし、凜もまた、虐待の過去を持ち、子供の愛し方が分からないでいた。そんな3人が不器用ながらも共に暮らし、「家族」の温かさを感じ本物の「家族」へと近付いていくが、、、

3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげているのを見て育った、「居場所のなさ」「弱者」を身をもって知る主演・監督・脚本・編集・プロデューサーの上西雄大が、児童精神科医師から「虐待してしまう大人もまた傷ついている」という実態を耳にし、傷ついた子供だけでなく、虐待をしてしまう大人にも眼を向けてあげてほしいと制作した感動のエンターテイメント。熱海国際映画祭で最優秀監督賞、最優秀俳優賞をW受賞、ミラノ国際映画祭(イタリア)では最優秀作品賞(グランプリ)と男優賞をW受賞、ニース国際映画祭(フランス)では、外国語長編映画部門主演男優賞、助演女優賞をそれぞれ受賞した。

監督:上西雄大、出演:上西雄大,小南希良梨,古川藍

予告編・特報