ひとよ

佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優×田中裕子が家族を演じたヒューマンドラマ

ひとよ

ひとよ

2019年 日本 123分

監督:

白石和彌

配給:

日活

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-11-08

2019年11月8日(金)公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った─。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤)、長男・大樹(鈴木)、長女・園子(松岡)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー

鶴屋南北戯曲賞、読売文学賞戯曲・シナリオ賞などを受賞した注目の劇作家・桑原裕子率いる劇団KAKUTAの代表舞台作品「ひとよ」を、『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌監督が実写映画化。母とその子どもたち三兄妹の運命を激変させたひとつの事件から15年後、心の傷を抱えたまま別々の人生を歩んだ家族が、葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける姿を描いたヒューマンドラマ。東京でフリーライターとして働く次男・雄二を演じるのは、佐藤健。吃音が原因でコミュニケーションに苦手意識を持ち、夫婦関係に思い悩む長男・大樹には鈴木亮平。スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子には松岡茉優、そして、15年ぶりに三兄妹のもとへと帰ってくる母親・こはるを、名優・田中裕子が演じる。

監督:白石和彌、出演:佐藤健,鈴木亮平,松岡茉優

予告編・特報