ホームステイ ボクと僕の100日間

森絵都の大ヒット小説「カラフル」をタイに舞台を移して映画化

ホームステイ ボクと僕の100日間

ホームステイ ボクと僕の100日間

HOMESTAY 2018年 タイ 136分

配給:

ツイン

ジャンル:

ドラマ/青春

公式サイト:

http://homestay-movie.com/

公開日:2019-10-05

2019年10月5日(土)より 武蔵野館館ほかにて全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

「当選しました」その声で、死んだはずの“ボク”の魂が、自殺した高校生ミンの肉体に“ホームステイ”することになった。ミンの自殺の原因を100日間で見つけ出さないと、“ボク”の魂は永遠に消えると告げられ、新生“ミン”としてもう一度人生をスタートさせる。初めて訪れた街で見知らぬ家族や同級生に囲まれ、違和感だらけの学校生活を送る “ミン”。誰にも気づかれないように謎解きを始めるうちに、秀才の美少女パイと出会い一瞬で恋に落ちる。ある日、1台のパソコンの存在を知り、自殺したミンを苦しめた残酷な現実と対峙していく…。

第14回大阪アジアン映画祭で上映され話題となった『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の製作チームが贈るタイ発の青春ファンタジー。原作は、森絵都の大ヒット小説で、原恵一監督の手でアニメーション化もされた「カラフル」。主人公には『バッド・ジーニアス』でカンニングビジネスを仕切る御曹司役だったティーラドン・スパパンピンヨー。「どうしても演じたい」と、この役をオーディションでつかみとり、自殺するまで追い詰められた少年と、生前の記憶を消されて生きる少年の1人2役の難役を演じ切った。憧れの先輩役には、BNK48のキャプテンで、第1回BNK48選抜総選挙で1位を獲得したトップアイドルのチャープラン・アーリークン。

監督:パークプム・ウォンプム、出演:ティーラドン・スパパンピンヨー,チャープラン・アーリークン

予告編・特報