HOSTILE ホスティル

シッチェス・カタロニア国際映画祭2017観客賞、異形との死闘と愛を描いたドラマ

HOSTILE ホスティル

HOSTILE ホスティル

HOSTILE 2017年 フランス 83分

配給:

ブロードウェイ

公開日:2018-09-15

2018年9月15日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

爆発的な伝染病が地球を襲い、わずか2~3千人の人類だけが生き残った。過酷な状況の中、食料とシェルターを必死に探し続ける生存者たち。だが生き残りを懸けてさまよううちに彼らは気づく。夜になると未知のクリーチャーが現れ狩りを始めることに…。人間は息を潜め隠れるしかなかった。ジュリエットは世界の終末を生き延びた若き女性。過去の人生から、諦めずに闘うことを学んできた。彼女は自分が属する生存者グループの中で最もタフで肝の据わった存在として、広大な荒野や廃墟と化した街の周辺へ車を走らせては物資や食料を探している。ところがある日、ベースキャンプに戻る途中でハンドルを取られ、車は制御不能に陥ってしまう…。目が覚めると彼女は横転した車の中で怪我を負っていた。足を骨折し動くことができない。荒野のど真ん中に取り残されたのだ。すでに日は暮れ、辺りは夜の闇に包まれている。ジュリエットは暗闇に何かの気配を感じた。それは次第に近づいて来る…。

シッチェス・カタロニア国際映画祭2017観客賞など、世界各国の映画祭で17部門受賞、65部門ノミネートされ、批評家達に衝撃・哀・愛・恐怖を兼ね備えた作品として称賛されたサバイバル・ホラー。爆発的な伝染病により、わずかの人類だけが生き残った地球を舞台に、未知のクリーチャーとヒロインの死闘と、異形との恐ろしくも悲しい愛を描いたドラマ。監督は、本作でデビューを果たすフランスの新鋭マチュー・テュリ。主人公ジュリエット役には新進気鋭のブリタニー・アッシュワース。加えて『MAMA』『クリムゾン・ピーク』『死霊館 エンフィールド事件』などホラー・ファンタジー映画に引っぱりだこの痩身怪優ハビエル・ボテット。

監督:マチュー・テュリ、出演:ブリタニー・アシュワース,グレゴリー・フィトゥーシ,ハビエル・ボテット

予告編・特報