ホテルコパン

長野県白馬村を舞台に、“グランド・ホテル”形式で描かれる、理由あり10人の群像劇

ホテルコパン

ホテルコパン

2015年 日本 135分

監督:

門馬直人

配給:

クロックワークス

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://hotelcopain.com/

公開日:2016-02-13

2016年2月13日(土)シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

東京で教師をしていた海人祐介(市原)は2年前から、長野県白馬村にあるホテルコパンで働いていた。1998年の長野オリンピックで賑わった白馬村も、今では、かつての賑わいが嘘のように閑散としている。オーナーの桜木(近藤)は、オリンピックの時のような活気を取り戻そうと躍起になるのだが、そう簡単に客は集まらない。もう一人の従業員のユリ(玄理)は、そんな桜木を尻目に無愛想に淡々と働いていた。偶然にも数組の宿泊客が訪れることになるが、やってきたひとりの女性客の顔を見て、海人は顔をこわばらせ過呼吸に陥る。その女性・千里(清水)は中学校教師時代に担任し、いじめを苦に自殺した生徒の母親だった。 一方、他の滞在客もそれぞれ問題を抱えていた。信じてたものを失い、人生の山場を迎える人々。その先に待ち受けるゴール、それぞれの見る未来とは…。

1998年の長野オリンピックから18年がたった白馬村のホテルで巻き起こる”グランドホテル形式”の群像劇。あの頃の活気を取り戻そうするホテルコパンに集った、理由あり10人のそれぞれの壮絶な人生の山場がぶつかり合っていく。主演は市原隼人。ほかに近藤芳正、清水美沙、大沢ひかる、前田公輝、水田芙美子、栗原英雄、大谷幸広、玄理、李麗仙ら、個性豊かな俳優たちが出演する。監督は、これまで短編映画で数々の賞を受賞し、今作が長編デビュー作となる門馬直人。

監督:門馬直人、出演:市原隼人,近藤芳正,大沢ひかる