ガンジスに還る

誰にでも訪れる「死」をテーマに描いたインド発の心温まる家族の物語

ガンジスに還る

ガンジスに還る

HOTEL SALVATION 2016年 インド 99分

配給:

ビターズ・エンド

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-10-27

2018年10月27日(土)より、岩波ホールほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ある日、自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシへ行くと宣言する。家族の反対もよそに、決意を曲げない父。仕方なく、仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに…。辿り着いたのは、安らかな死を求める人々が暮らす施設「解脱の家」。はじめは衝突しあうも、雄大に流れるガンジス河は、次第に父子の関係をほぐしていく。旅立つ者の心の動き、それを見守る家族のまなざし。果たして、ダヤは幸福な人生の終焉を迎えられるのかー?

ヴェネチア国際映画祭でビエンナーレ・カレッジ・シネマ部門エンリコ・フルキニョーニ賞を受賞し、映画批評家サイト「ロッテン・トマト」驚異の満足度100%を打ち出した話題作。残された時間を知った時、人はいかに最期を迎える準備をするのか。家族はどう受け止め看取るのか。誰にでも訪れる「死」というテーマを、ユーモアと人情味溢れるタッチで描いた、不器用な親子と個性的な人々が織りなす心温まる物語。主演は『マダム・イン・ニューヨーク』『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』に出演の、インドを代表する名優 アディル・フセイン。監督・脚本は弱冠27歳の新鋭監督 シュバシシュ・ブティアニ。

監督:シュバシシュ・ブティアニ、出演:アディル・フセイン,ラリット・ベヘル

予告編・特報