ほとりの朔子

二階堂ふみ主演、海辺の街を舞台に18歳の少女の一夏の出会いを描いた青春劇

ほとりの朔子

ほとりの朔子

2013年 日本 125分

監督:

深田晃司

配給:

和エンタテインメント

ジャンル:

ドラマ

公開日:2014-01-18

2014年1月18日(土)より、シアター・イメージフォーラム他全国順次公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

大学受験に失敗し、現実逃避中の朔子(二階堂)。叔母・海希江(鶴田)の誘いで、海辺の街で、夏の終わりの2週間を過ごすことになった。朔子は海希江の古馴染みの兎吉(古舘)や娘の辰子(杉野)、そして甥の孝史(太賀)と知り合う。小さな街の川辺や海や帰り道で会い、語り合ううち朔子と孝史の距離が縮まっていく。そんな朔子の小さなときめきをよそに、海希江、兎吉、辰子、後から現れた海希江の恋人・西田(大竹)ら大人たちは、微妙にもつれた人間模様を繰り広げる。朔子は孝史をランチに誘う。しかしその最中、彼に急接近中する同級生・知佳(小篠)から連絡が入る。浮足立つ孝史の表情を見て、朔子の心が揺れる…。

映画やドラマで快進撃が続く若手人気女優の二階堂ふみが、避暑地でひと夏を過ごす18歳の主人公を好演した青春ドラマ。知的で美しい叔母・海希江役に鶴田真由、朔子と交流する高校生・孝史役に太賀。その他、古館寛治・大竹直・志賀廣太郎ら劇団青年団の実力派俳優陣が脇を固めた。メガホンを取ったのは、第23回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門作品賞や、第15回プチョン国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞した『歓待』の深田晃司監督。

監督:深田晃司、出演:二階堂ふみ,鶴田真由,太賀