ハウス・ジャック・ビルト

ラース・フォン・トリアー監督作 シリアル・キラーが“家”を建てるまでの12年

ハウス・ジャック・ビルト

ハウス・ジャック・ビルト

THE HOUSE THAT JACK BUILD 2018年 155分

配給:

クロックワークス、アルバトロス・フィルム

公式サイト:

http://HouseJackBuilt.jp/

公開日:2019-06-14

2019年6月14日(金)新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1970年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックはあるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭する…。

『奇跡の海』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『アンチクライスト』『ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』といった話題作を世に送り出し、輝かしい受賞歴を誇る一方、あらゆるタブーに切り込みセンセーショナルな反響を巻き起こしてきた鬼才ラース・フォン・トリアー監督作。アートを創作するかのように殺人に没頭する男が“家”を建てるまでの12年間の軌跡。主人公の殺人鬼ジャック役には、『クラッシュ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマット・ディロン。謎の男ヴァージに『ベルリン・天使の詩』の名優ブルーノ・ガンツ。第一の被害者をユマ・サーマン、第二の被害者をシオバン・ファロン、第三の被害者をソフィー・グローベール、第四の被害者をライリー・キーオが演じる。

監督:ラース・フォン・トリアー、出演:マット・ディロン,ブルーノ・ガンツ,ユマ・サーマン

予告編・特報