ハワーズ・エンド 4Kデジタル・リマスター版

ジェイムズ・アイヴォリー 1992年の傑作を4Kデジタル・リマスター版で上映

ハワーズ・エンド 4Kデジタル・リマスター版

ハワーズ・エンド 4Kデジタル・リマスター版

HOWARDS END イギリス/日本 143分

配給:

ハーク

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-09-13

2019年9月13日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

知的中流階級で理想主義的なシュレーゲル家と、実業家で現実的なウィルコックス家。正反対の両家は旅行中に親しくなり、シュレーゲル家の次女ヘレン(ヘレナ・ボナム=カーター)は、田舎にあるウィルコックス家の別荘、“ハワーズ・エンド”に招かれる。美しい田園風景と人々の歓待に囲まれ、ヘレンは次男・ポールに一目惚れするが、ある行き違いからウィルコックス家と気まずい関係になる。その後、ロンドンのシュレーゲル家の向かいにウィルコックス家が越してきたが、ヘレンは彼らに会おうともしない。しかし、姉のマーガレット(エマ・トンプソン)は、ウィルコックス家の老婦人ルース(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)と血のつながりを越えて深くわかりあう。やがて「ハワーズ・エンドはマーガレットに」という遺言を残してルース夫人は逝ってしまう。しかし遺言はもみ消され、マーガレットはウィルコックス家の当主ヘンリー(アンソニー・ホプキンス)の元へ嫁ぐことになる。人は、階級や立場を超えて、愛しあうことができるのだろうか――。

『眺めのいい部屋』(86)、『モーリス』(87)など20世紀初頭の優雅なイギリスの上流社会を舞台に、時代や社会の束縛から逃れ、自分に素直に生きていこうとする若き主人公の姿を描きつづけてきたジェイムズ・アイヴォリーが監督した、E・M・フォースター文学の最高峰として名高い映画『ハワーズ・エンド』が4Kデジタル・リマスター版としてスクリーン上映。知的で情緒豊かな中産階級のシュレーゲル家と現実的な資産家の家庭ウィルコックス家、両家が別荘“ハワーズ・エンド”をめぐって繰り広げる運命的な人間模様を描くドラマ。ヒロインであるシュレーゲル姉妹には本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・トンプソンと、ヘレナ・ボナム=カーター。ウィルコックス氏をアンソニー・ホプキンス、その妻ルースを、『ジュリア』の名女優ヴァネッサ・レッドグレイヴが演じる。

監督:ジェイムズ・アイヴォリー、出演:アンソニー・ホプキンス,ヴァネッサ・レッドグレイヴ,ヘレナ・ボナム=カーター

予告編・特報