ハンターキラー 潜航せよ

元潜水艦艦長原作×米国防総省×米海軍全面協力による潜水艦アクション大作

ハンターキラー 潜航せよ

ハンターキラー 潜航せよ

HUNTER KILLER 2018年 イギリス 122分

配給:

ギャガ

ジャンル:

サスペンス/アクション

公開日:2019-04-12

2019年4月12日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが…。世界の運命は一隻の潜水艦に託された―。

元潜水艦艦長ジョージ・ウォーレスとドン・キースによる同名小説を、米国防総省×米海軍全面協力により映画化。攻撃型原子力潜水艦“ハンターキラー”を率いる艦長ジョー・グラスを演じるのはジェラルド・バトラー。統合参謀本部議長であるチャールズ・ドネガン役をゲイリー・オールドマンが演じる。そのほか、ソングライターでラッパーでもあるコモンや『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のリンダ・カーデリー二、グラスと華麗な連係プレーを見せるネイビーシールズのメンバーに『007 ダイ・アナザー・デイ』のトビー・スティーヴンス、さらに『ミレニアム』シリーズの主演で本作も遺作のひとつとなったミカエル・ニクヴィストがロシアの潜水艦艦長役で出演する。監督は、南アフリカの新鋭ドノヴァン・マーシュが務める。

監督:ドノヴァン・マーシュ、出演:ジェラルド・バトラー,ゲイリー・オールドマン,コモン

予告編・特報