ヒプノティスト 催眠

北欧ベストセラー小説を、ラッセ・ハルストレム監督が映画化したミステリー

ヒプノティスト 催眠

ヒプノティスト 催眠

HYPNOTISÖREN 2012年 スウェーデン 117分

配給:

カルチュア・パブリッシャーズ

ジャンル:

サスペンス/ミステリー

公開日:2013-05-04

2013年5月4日(土)〜5月24日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷にて限定公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ある日、ストックホルム郊外で一家全員がメッタ刺しされる陰惨な殺人事件が起こる。一命を取りとめたのは長男である15才の少年ヨセフと、独立して家にいなかった姉のエヴェリンだけだった。捜査を担当する国家警察のヨーナ・リンナ警部は、かつて催眠療法の第一人者といわれていたエリック・マリア・バルクに、昏睡状態のヨセフから犯人の手掛かりを聞き出すため“催眠”を依頼する。ある理由から催眠は二度とやらないと誓っていたエリックだったが、姉のエヴェリンの命が危ないと訴えに負け、ついに催眠療法を解禁する…。

『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』、『サイダー・ハウス・ルール』など人々の心の機微を描く名手ラッセ・ハルストレム監督が『やかまし村の春・夏・秋・冬』以来、25年ぶりに故郷スウェーデンに戻って作り上げた、初挑戦となる、衝撃のサスペンスミステリー。原作は2009年に発表され、スウェーデンで100万部を売り上げた大ベストセラー小説。事件を捜査する警部に北欧のTVや映画で活躍するトビアス・ジリアクス。催眠療法で知られるバルク医師を『未来を生きる君たちへ』のミカエル・パーシュブラント。

監督:ラッセ・ハルストレム、出演:ミカエル・パーシュブラント,レナ・オリン,トビアス・ジリアクス