アイムクレイジー

古舘佑太郎×桜井ユキ×曽我部恵一共演、音楽を愛する一人の青年の成長物語

アイムクレイジー

アイムクレイジー

2017年 日本 86分

監督:

工藤将亮

配給:

シンカ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-08-24

2019年8月24日(土) よりシアター・イメージフォーラム他、全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ミュージシャンの佑樹(古舘)は音楽の道を諦めようとラストライブの日を迎えていた。バイトに向かう途中、交通事故に遭い車を運転していた作曲家の美智子(桜井)と広汎性発達障害を持った息子・健吾と出会う。バイト先の店長(曽我部)に半ば強引に健吾の子守をさせられたことをきっかけに佑樹は親子と深く関わっていく。かつての仲間の活躍、元カノの妊娠、“ヤバイ”なんて言葉でまとめられる音楽、周囲の全てに苛立つ佑樹。厳しい現実の中でも強い信念を持ち、明るく振る舞う美智子の姿を見て佑樹の中で何かが変わっていく。

新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる音楽×映画プロジェクト「MOOSIC LAB」にて企画が生まれ、プチョン国際ファンタスティック映画祭2018でNETPAC賞(最優秀アジア賞)を受賞した話題作。監督は、行定勲監督や白石和彌監督ら日本映画界の巨匠たちの下で研鑽を積み、今作が長編デビューとなる工藤将亮。主人公の佑樹役にはNHK連続テレビ小説「ひよっこ」や、日曜劇場「この世界の片隅で」への出演や映画『いちごの唄』に主演し、バンド「2」のボーカル/ギターを務める古舘佑太郎が抜擢。作曲家の美智子役には『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング・ビューティ』『娼年』『真っ赤な星』の桜井ユキ。佑樹を温かく見守るバイト先のカフェの店長としてバンド「サニーデイ・サービス」のボーカル/ギターであり、現在ソロとしても精力的にライブ活動を行う曽我部恵一が映画初出演する。

監督:工藤将亮、出演:古舘佑太郎,桜井ユキ,佐々木聖輝

予告編・特報