生贄のジレンマ

卒業を控えた高校生が巻き込まれる、究極のサバイバルゲーム

生贄のジレンマ

生贄のジレンマ

2013年 日本

監督:

金子修介

ジャンル:

サスペンス/アクション

公開日:2013-07-13

2013年7月13日(土)よりユナイテッドシネマ豊洲にて限定公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

高校卒業式の朝。篠原純一(須賀)が数週間ぶりに登校してみると、何故か校庭には底の見えない巨大な“穴”が設置され、教室にはクラスメイト全員が揃っていた。やがて校内放送で不可解なメッセージが告げられる。「今から1時間後にあなたたちは全員死にます。ただし生き残る方法があります、それは生贄を捧げることです――」篠原と同級の鈴木理香(竹富)をはじめ、最初はタチの悪いイタズラだと半信半疑だった生徒たちも、最初の“犠牲者”が出たことにより、それは紛れもない事実であることを知り……。



土橋真二郎の同名ヒット小説を三部作で映像化。卒業を控えた高校3年生たちが、「生贄を捧げなければ全員死亡」という、命を懸けた究極のサバイバルゲームに巻き込まれていくさまを描いたサスペンス・スリラー。監督は、『DEATH NOTE デスノート』シリーズの金子修介。メインキャストには、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの須賀健太、『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』の竹富聖花。

監督:金子修介、出演:須賀健太,竹富聖花